僕の心はいつだって風俗と一緒にあるんです!風俗に行っていないときは他の人の体験談を集めてます。一部掲載しているので良かったらどうぞ!

僕の心は風俗とともに

とにかく逝くことだけを考えた。

格安デリヘルは財布には優しいが、やっぱりアドベンチャーだったのか。そんなことが脳裏をよぎるようなデリ女がやってきた。デリヘルサイトに載せている画像とは明らかに違う、ひどい不細工女がそこに立っているんだ。名前も確認しているから間違いはないし、これはもうネット詐欺のレベルなんだけど、なんか明らかに違うのに堂々とした佇まいが怖くて何もいえないどころかチェンジすら言い出せなかったよ。というよりもチェンジをしてもろくでもない連鎖から抜け出せないような気がしてたからね。そんな負の連鎖を打ち切りたかったのと早くこの悪夢から抜け出したかったのととりあえず自分で一本抜こうと決意した。ねっとりフェラチオくらいはまともだろうと思っていたらなんかやる気なさげな感じでちんぽが萎えそうになるところをこらえて自分でしごいてしごいてしごき抜いてのオナニーフィニッシュだったよ。おまんこととおっぱいの感度はまあまあのレベルだったのでそこだけがオアシスのような感じだったよ。

3Pは料金も倍かかるけど

一宮で禁断のデリヘル3人プレイを体験してみたよ。まず誰もが料金を気にする事だと思うけど、これは単純に倍だね、2人なんだから当然だけどさ。たとえば60分コースで1万5千円なら倍の3万円と思ったらいいよ。それはデリヘルの女の報酬を考えたら納得できると思う。基本的に2人からちんぽを舐めてくれるよというよりも2人から同時に舐められるとかなりそそるというかそれだけで逝きそうになるよ。で、1人のときはこっちのほうに来てディープキスを織り交ぜながら上半身リップをしてもらう。その間も下のちんこのほうでぴちゃぴちゃ言わせながらフェラチオが続いてるよ。普通フェラチオでは逝かないんだけど、こんなエロエロ興奮するシチュエーションではいつ逝ってもおかしくないくらいにファイヤーしまくった。がまんしきれなくなってフェラチオで果てたのは中坊以来だろう。しかも自分でしごかないと出なかったのに正真正銘フェラチオだけて逝ったのは感動だったね。さらにそこからお掃除フェラまでしてくれたよ。
一宮 デリヘル

そんなにシロ―トに執着はないよ

デリヘルで体験してみたいのが俺もそうなんだけどシロ―トの女らしいよね。確かに誰でもどんな奴でも初めてってときがあるからその瞬間に立ち会ってみたいっていうことなのか、シロ―トのプレイが新鮮なのか、恐らく後者だろうと思うけど、プレイだけと考えるとそんなシロ―トのテクニックが好きという考えがわかりにくいと考えるのは俺だけだろうか。もちろんシロ―トのプレイに初々しさを感じてそれがきっかけでエロエロ気持ちよくなるという奴もいるんだろうけどさ。それでちょっと前にそんな感じのデリ女に当ったんだよ。それが確かにシロ―トっぽくてよかったかな。フェラチオもぎこちなくて、それでもめちゃ一生懸命にやるのは演技なのか本気なのか全くわからないけど、そういうのも関係なく俺も楽しむようにしているよ。じゃないと気持ちよくならないいしな。そういう意味ではそんなにデリヘルのシロ―トとプレイがしたいということにはならないんだよ。だからいつもシロ―トがいいとかデリのスタッフから勧められてもどっちでもいいんだけどね。